レビトラ体験談

レビトラ体験談/即効性抜群のed治療薬を体験

レビトラ体験談

ed治療薬といえば「バイアグラ」と答える方が大半を占めるとは思いますが、即効性においては「レビトラ」がバイアグラより優れているんです。

 

レビトラは、2003年3月にヨーロッパで発売が承認され、、2003年8月にアメリカで発売が承認されました。

 

日本では2004年4月に承認され、同年6月よりバイエル薬品株式会社より医療機関向けに販売が開始されています。

 

 

レビトラは主成分として、塩酸バルデナフィル を含有しています。

 

塩酸バルデナフィルは、バイアグラの成分であるクエン酸シルデナフィルに酷似した化学構造式を持っていて、作用機序(薬理学の用語で、薬物が生体に何らかの効果を及ぼす仕組み、メカニズムなどを意味する表現)が同じなんです。

 

何と言ってもレビトラの特徴は、効果が表れるまでの時間が短い事なんです。

 

レビトラは、服用して10分から30分で効き始め4〜8時間くらい作用します。

 

ただし、完全な空腹時の服用をお薦めします。

 

実際に私が食事をした後にレビトラを服用したケースでは、効果を実感できたのが食後2時間くらい経過した後でした。

 

しかし、べつの日に空腹の状態でレビトラを飲んだ時は、15分くらい後にパートナーに触れただけで、硬く勃起しました。

 

レビトラは食事の影響を受けないとは言っても、基本的に空腹時に服用することが最も効果的であることは間違いありませんね。

 

レビトラの副作用で私が感じたのは、顔のほてりや赤み、そして頭がちょっと重くなる感じでしたが、それほど気になるものではありませんでした。

 

体験して驚いたレビトラをもっと詳しく知りたい方は次のページから詳しく解説していますので参考にして下さい

レビトラ・ジェネリック

レビトラに限らず、ed治療薬にはジェネリック薬が必ず存在します。

 

バイアグラの発売から4年後に発売されたレビトラのジェネリックで、代表的なものは「ジェビトラ」です。

 

ジェビトラもインドの製薬会社「サンライズ社」で製造されているレビトラジェネリックなんです。

 

インドの特許制度の特殊性から、インドにはジェネリックを製造している会社が多数存在しています。

 

品質や価格において、インドのジェネリック薬を上回る薬を作ることが出来る国はいまのところあまり見当たらないので、当分インド製のジェネリック薬が世界中に普及していくものと思われます。

 

ジェビトラは、レビトラと同じバルデナフィルを成分として造られています。

 

バルデナフィルは陰茎の動脈を拡張させて、ペニスへの血流を促し勃起力を高める効果があります。

 

また、バルデナフィルは水に溶けやすい特徴があるため、成分が血液に吸収される時間が短く、効果が表れるのが、他のed治療薬に比べて早いのが特徴になっているんです。

 

レビトラの後に発売された「シアリス」は、持続時間が36時間にも及ぶ特徴があるため、レビトラ・ジェビトラはあまり注目されないed治療薬ですが、即効性においては最も優秀なお薬なんです。

 

レビトラジェネリックの「ジェビトラ」を価格の面で見てみます。

 

20mg1錠あたりの単価は、レビトラが1,590円に対して、ジェビトラが306円なので、約5分の1の金額で購入できるんですね。

 

コストパフォーマンスが高いのも、ジェネリック薬のメリットと言えますね。

 

コストパフォーマンスが高いレビトラジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい

レビトラ・副作用

レビトラの副作用として有名なのが「レビトラとグレープフルーツの食べ合わせ」です。

 

数ある食品の中で、なぜグレープフルーツだけが副作用を誘発してしまうんでしょうか?

 

それは、グレープフルーツに含まれる「フラノクマリン酸」という成分が、薬や毒物などの生体外物質を分解したり排出したりする代謝反応を行う酵素である「薬物代謝酵素」の働きを阻害してしまうからなんです。

 

少しわかりにくいかもしれませんが、「フラノクマリン酸」は、薬などを体内から排出しにくくするという事は、体内に薬を長い間溜めておく作用をするという事です。

 

という事は、薬の効果が通常より長く強く続くという事なんですね。

 

薬効が長く続く事は悪いことではないように思いますが、副作用と言う「悪い効果」も高めてしまうんです。

 

レビトラとグレープフルーツを同時に摂取する事により、血液中の薬物濃度が上昇し、代謝が低下したり、血圧が上昇したりして、最悪の場合死に至るケースもあるんです。

 

レビトラの副作用と言われている、顔のほてりや頭痛、目の充血、鼻づまりなどは、お酒を飲んで血液中にアルコールが回った時と同じ症状なんです。

 

レビトラの成分である「バルデナフィル」が身体に吸収されると、血流が良くなるため顔などの毛細血管に血液が普段以上に流れ込むため「顔がほてる」状態になるんです。

 

もうひとつ気を付けなければならないのが、ニトログリセリンなどの硝酸剤を飲んでいる方はレビトラとの併用は出来ないという事なんです。

 

いわゆる「併用禁忌薬」であり、併用してしまった場合は、急激に血圧が下がってしまい重篤な状態になる可能性が高いんです。

 

硝酸剤に限らず、現在薬を飲んでいる人は病院で相談してからレビトラを使用するようにしてください。

レビトラ・飲み方

レビトラに限らず、ed治療薬を飲んでもあまり効果を実感できないという人がいます。

 

そのような人の大半が、ed治療薬の効果を100%発揮する飲み方をしていない事が原因なんです。

 

最もed治療薬の効果を発揮できる飲み方は「空腹時に飲む」事なんです。

 

胃の中に食物が残っている状態でレビトラを服用すると、食物を消化する事が最優先され、レビトラの成分であるバルデナフィルが血液中に効率よく吸収されなくなってしまうんです。

 

特に脂っこい料理などは、胃の内壁に脂の膜を作ってしまい、さらにバルデナフィルが吸収されなくなってしまいます。

 

なので、食事の直後にレビトラを飲むことは絶対にやめましょう。

 

一般的に、胃の内容物が完全に消化されるのに最低でも2時間はかかると言われています。

 

だいたいベッドインするのは夜ですから、お昼ご飯を食べてから夕食前までは間食などせず、胃の中を空っぽにしておきましょう。

 

胃の中が空っぽの状態でレビトラを飲むと、胃の毛細血管からバルデナフィルが素早く血液中に吸収され、最も効率よく効果を発揮します。

 

食事を摂る場合は、バルデナフィルが完全に吸収されてからにして下さい。

 

だいたい30分で血液中に吸収されると言われています。

 

余裕を持ってパートナーと過ごすためには、ベッドインの1時間くらい前にレビトラを飲んでベッドインの前に軽い食事をしてからベッドインするのがベストではないでしょうか。

 

食事の影響が無いとは言ってもあまりヘビーな料理は避けて、和食などを食べ、お酒が飲める人は軽く飲んでリラックスすると雰囲気も良くなりますよね。

 

正しい飲み方でより効果があるレビトラをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい

レビトラ・ジェネリック普及

厚生労働省は、平成25年4月に「後発医薬品(ジェネリック医薬品)のさらなる使用促進のためのロードマップ」を策定し、その中で「平成30年3月末までに、ジェネリックの数量シェアを60%以上にする」という目標を掲げました。

 

さらに、政府は2020年までにジェネリックの使用率を、80%以上にする目標を打ち出しています。

 

政府は、なぜジェネリックの使用率を上げたいのでしょうか?

 

それは、国の財政再建策に大きく関係してくる事だからなんです。

 

政府は1000兆円を超える国の借金を減らすために、健康保険や年金などの社会保険費の削減を最重要課題に位置付けています。

 

そのため、医療費削減の施策の一つとしてジェネリックの普及に力を入れているんです。

 

価格が先発薬の半分のジェネリック薬を使う事によって、医療費は大幅に下がる事を期待しているんですね。

 

たしかに、2013年9月時点で欧米の使用率を見てみると、アメリカでは約90%、ドイツ82.5%、イギリス75.2%となっており、日本の46.9%に比べてかなり高い数字になっています。

 

ただ、日本ではジェネリック薬は効き目や副作用に心配があると考えている人が多くいるため、政府の思惑通りに目標が達成できるかは不透明ですね。

 

そのような不安に答えるため、国立医薬品食品衛生研究所では、専門家による「ジェネリック医薬品品質情報検討会」を設け、薬の品質を調べてきています。

 

また、1998年からジェネリックが先発薬と同等かを調べる品質再評価が実施され、品質が不十分な薬は排除されたと言われています。

ホーム RSS購読 サイトマップ